墓じまいを行う際に気を付けなければならない注意点とは

墓じまい

墓じまいに取りかかることが大切

日本の墓地の半数ほどが、祭司継承者のいない無縁墓か、長い間お参りや手入れをされていない無縁墓化しているお墓だと言われており、今の少子高齢化の日本を見ると、更に無縁墓が増えると考えられています。そのため、ご先祖さまをしっかり供養する意味で墓じまいをされる方が増えているのです。墓じまいは手入れが困難となった墓石を撤去し、更地に戻すまでの作業を言います。とても簡単に思えますが、実は様々な手続きが必要となるのです。手入れをされていないお墓でもその土地を管理している人がいます。まずは管理者へ墓地を撤去する旨を告げて許可を得なくてはなりません。お墓を管理しているのが公営かお寺かなどによっても手続きは変わってきます。また、遺骨を取り出すためには、遺骨の改葬許可証や受け入れ証明証の提示を求められる場合があります。遺骨を取り出すためには次の遺骨の移動先を決めておかなくてはなりません。この許可証を取得することが出来ずに墓じまいを諦めてしまう方もいますが、実は墓じまいを代理で行ってもらえる業者も近年では増えており、この手続きもスムーズに出来るようになっています。大切なお墓を無縁墓にはしたくないと思います。そのためにも墓じまいに取りかかることが大切です。

墓じまいの現状はどうなっているか

墓じまいという言葉を聞いたことはありますか?お墓はご先祖が眠る大切なものです。しかしその大切なお墓はお墓を守る祭司継承者がいなくなり、無縁墓となっているものも多いのが現状です。大切なお墓を無縁墓にしないためにも祭司継承者がお墓の撤去、遺骨の移動までも行う、墓じまいをしてあげることが大切なのです。
墓じまいの流れですが、最も重要なのが遺骨をどこへ移動するかです。一般的には散骨や永代供養などで永久処分されることが多いと言えます。処分したくないといった場合は散骨堂は自宅で保管するのが一般的です。
遺骨の移動が決まったら、お墓の管理者へお墓の撤去申請を行い、受理されてから撤去の準備に取りかかれます。お墓の撤去ですが、これは石屋に依頼しなくてはなりません。費用は石屋によってピンきりですので、複数の石屋で見積もりをだしてもらうことが大切となります。
また、お墓を撤去する前には遺骨を取り出すのですが、遺骨を取り出すためには神主などに拝みこみをしてもらい、眠っているご先祖に遺骨の移動のための供養をする必要があります。この拝みこみ後に遺骨が取り出され、その後、墓石の撤去となります。
撤去後は整地をし、更地の状態で管理者へ返して墓じまいは終了となります。これらを全て自分で行うのは難しい場合は、墓じまいの委託を行っている業者もありますので、それらを活用されることをおすすめします。

墓じまいにかかる費用や手続きとは

墓じまいとは現在あるお墓を撤去し遺骨を他の墓地に移転、あるいは永代供養墓地に改葬することをいうのです。遺骨が収まっていたお墓をしまうことになりますので、それに伴い作業や手続きが必要になってくるのです。一般的には墓じまいの手順としては、墓地の管理者への提出をします。別の移転先へ改葬する場合は先方からの受入証明書、埋葬証明なとが必要になるのです。改葬の場合は新しい墓地、墓石の準備、お墓を新しいお墓に移す場合には、事前に墓地、墓石の確保が必要になります。次に閉眼供養をします。閉眼供養とは、お墓から遺骨を取り出す際に行う作業のことをいいます。お墓には、故人の魂が宿ると言われていますのでその魂を抜いて墓石を物体にするのです。次に離壇をしてお墓の撤去、解体、墓地を更地にする工事をします。そして移転後の墓地での納骨、法要、諸手続きの代行をして終了となるのです。今の時代は少子高齢化社で死者が増える一方で、墓を継承する人は減り続けているのです。子孫が絶えてしまうとお墓参りをしてくれる人がいなくなってしまいます。一般的には墓じまいの納骨堂の費用は個人用が10万円から、50万円、家族ようになると50万円から150万円かかるのです。

墓じまいをしなくてはならないタイミング

どこの家系にも必ずあるご先祖様のお墓、その家系のご先祖様を代々納骨しているお墓を撤去することや解体することを墓じまいといいます。おじいちゃんの世代お父さんの世代息子の世代孫の世代とそのお墓は引き継がれていくものなのですが、若い世代が地元を離れ都会に出て地元に帰ってこないと言った事が大きく関わっており、代々受け継がれてきたそのお墓を守っていく人がいなくなったと言う家系が、お墓を撤去したり解体したりと言うことを地方自治体や役場の担当課に依頼をして行っているのです。自分たちが守り続けてきたお墓を守っていく世代がいなくなった時が、お墓を撤去したりと言う墓じまいをするタイミングになります。
その他にも、自分たちのご先祖様のお墓がある場所に他の家系のお墓などが少なくなってきたときなどにお墓を移動したり撤去したりすることを考える家系もあります。正解はなく、墓じまいをしたからご先祖様を守っていくことができないといった事はありません。お墓を構えなくとも自分たちの自宅にご先祖を祭る事も出来る為、墓じまいをし自宅にご先祖様を祭る事をする家系もあります。そうすれば、いつでもご先祖様に挨拶ができるといったメリットもあります。