墓じまいを行う際に気を付けなければならない注意点とは

墓じまい

墓じまい後の遺骨はどうなるの?

墓じまいを行うにあたり、最も気にかかるのはお墓のなかで眠っていたご先祖さまの遺骨の行方だと思います。様々な理由から墓参りに行くことが困難となった場合、墓じまいを選択される方が増加傾向にある今、墓じまいをすることは決して珍しいことではありません。罰当たりでは?と思われる方もいますが、このままお墓を放置し、いずれ無縁墓として処分されてしまうほうかご先祖さまのためになるでしょうか。答えはノーだと思います。気になる墓じまい後の遺骨についてですが、様々な選択肢があります。まず、そばに遺骨を保管しておきたい場合ですが、近年ではロッカー式の納骨堂が主流となり、実家が遠くてお墓参りには行けなかったけれど、これからは遺骨を近くに持ってきて供養をするという手段があります。しかし納骨堂は費用がかかりますので、経済的にお墓の存続が難しい場合は自宅で保管するのが一般的です。また、遺骨の管理ができなく、費用をかけることが出来ないといった場合には永久処分という形を取らなくてはなりません。遺骨を散骨して海などへ返す方法や永代供養などが一般的となります。永代供養の場合はお寺などとの話し合いが必要となりますので、それらを考慮し、遺骨の行き先を決めることが大切となります。